医学部の奨学金

医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方

医学部では日本育英会から大学独自の奨学金制度まで多数の奨学金が設置されています。

医学部大学入試TOP > 医学部の奨学金

医学部の奨学金制度について

医学部は6年間通うことになり他学部より2年多く学生生活を送るため、その分生活費や学費がかかります。

特に、私立大学医学部に通うのであれば、6年間の学費は2000万から5000万円かかってしまいます。これに、生活費、交際費、医学書等の専門書籍などがかかってきますので相当な費用がかかり家系的負担はかなり大きくなります。

どんなに学力が医学部への合格基準を満たしていても、家庭によっては払える金額ではなく諦めてしまう学生もいるかもしれません。

しかし、大学では様々な奨学金を用意し、少しでも多くの優秀な学生をサポートしようと取り組んでいます

奨学金制度を調べることで、国公立大学医学部に絞らずに進学できる私立大学医学部もあるかもしれませんので、最初から不該当とせず医学部ホームページ等で調べてみることをおすすめします。

多種多様な奨学金システム

医学部では、私立だけでなく国公立も含めて多くの医学生が奨学金を利用しています。これは、勉強が忙しくて中々アルバイトができないこと、または医学書などの専門書籍代が高額になることが理由です。

奨学金の中で一番利用されているのは、日本学生支援機構が運用している奨学金です。医学部医学科の生徒の場合は、月額最大16万円の借り入れが可能となっています。

これは、6年間借りたとして計算すると合計1152万円借りることが可能なので、私立医大の中で一番安い順天堂大学医学部であれば実質負担額が1000万円を下回る計算になります。

また、大学独自で支給している奨学金制度もあります。例えば、東京慈恵医科大学では「慈恵大学奨学生」を設けており、学費の全学または半額を貸与している奨学金もあります。

その他、自治体が学費の一部を貸与してくれる制度もあります。これは、一定期間指定された地域で勤務するなどの条件で返還が免除されるので魅力的です。

たとえば、順天堂大学で設けられている「千葉県医師修学資金貸与制度」では、将来、千葉県の地域医療に貢献する代わりに、月額30万円の修学費が貸与され、6年間総額は2160万円に及び授業料+αに相当します。

実質授業料負担がゼロの医科大学

医学部の中にはそもそも授業料の実質負担が0円の大学もあります。まずは、全国都道府県によって創立された自治医科大学がこれに該当します。

自治医科大学では、入学時に授業料全学が貸与されたとみなし、卒業後に各都道府県が指定する地域医療に9年間従事すれば、在学中の授業料の全学が返済免除になる大学です。

同様のシステムを採用している大学に産業医科大学がありますが、産業医科大学では授業料の一部を貸与しており全学免除にはならないので注意してください。ただし、産業医科大学でも修学資金貸与制度により6年間の実質負担額は1129万円とかなり経済的負担を軽減してくれます。

次に、防衛医科大学も授業料がいりません。ここは、文部科学省ではなく防衛省管轄の大学校なので、入学したら身分は国家公務員となります。公務員なので「学生手当」と称する給料が支給されまるし、学費も一切かかりません。

ただし、他大学と異なり医官を養成する学校なので、訓練もカリキュラムに組み込まれているとても厳しい大学です。また、卒業後は9年間の任官の義務があることを忘れないでください。

医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方 All Rights Reserved.