医学部予備校を寮で比較

医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方

遠方在住の受験生が安心して医学部受験勉強ができるようおすすめの寮を紹介。

医学部大学入試TOP >  医学部予備校を寮で比較

医学部予備校の寮の選び方

医学部予備校の寮の選び方

地元に医学部予備校が無くて、東京や大阪にある合格実績豊富な校舎へ寮を利用して通う人も多いと思います。

しかし、毎日生活する場所になるので、学習効果を最大限に上げるために環境選びは非常に重要

そこで、ここでは医学部予備校の寮を選ぶ際のポイントを紹介していきます。

直営寮であるかどうか

提携寮は、医学部予備校以外の学生も入寮してくるため、勉強に対するモチベーションに温度差があることも

特に学生寮では、専門学校生や大学生が利用している場合もあり、騒音や誘惑など勉強への悪影響が特に懸念材料となってきます。

もし、提携寮を利用する場合は、どんな人が入寮しているのか確認することをおすすめします

いっぽう、直営寮なら医学部予備校の生徒しか利用していないので安心。

志高い受験生が地方から集まっているので、勉強に対する取り組み方や姿勢が刺激になること間違いなし。

校舎までの距離

寮から医学部予備校の校舎まで月曜から土曜日の週6日は通塾することがほとんど。

したがって、アクセスの良さ通学時間は毎日のことなので非常に重要になってきます。

医学部予備校の直営寮だと徒歩圏内がほとんどで、毎日の通学は問題ありません。

また、寮から医学部予備校までの通学ルートも下見して夜遅くの帰宅の際も暗くないか、治安が悪そうな場所ではないかを確認しましょう。

寮母常駐かどうか

親元を離れて生活することになるため、特に保護者の方は毎日の生活は気になると思います。

医学部予備校に入学すれば朝から夜まで勉強漬けの毎日が待っており、体調や健康管理は重要です。

寮の場合、管理人や寮母・寮父が生活面をサポートしてくれます。

特に、寮母・寮夫が24時間365日常駐している寮がおすすめです。

もし、急病や体調が悪くなった際も、寮母がいればすぐに駆け付けてくれるので安心。

おすすめ!野田クルゼ【中野ヴィレッジ】の魅力を徹底紹介

医学部予備校の寮の選び方

今回は早くに満室となってしまう人気の高い野田クルゼの直営寮について紹介していきます。

医学部予備校として50年超の歴史を誇り、多くの合格者を輩出してきた伝統校。

昔通っていた生徒の子供も野田クルゼに通うなど、親子二代で支持されている医学部予備校です。

そんな野田クルゼでは中野ヴィレッジという直営寮を有しているため、生活環境や魅力について詳しく紹介していきます。

デザイナーズマンションのような直営寮

赤い色が特徴的なオシャレな外観の中野ヴィレッジは、キレイで清潔感があり、毎日の生活も快適に過ごすことができます。

駐輪場があるので、駅までは自転車で通うこともできるので便利。

室内もバリエーション豊かな間取りが用意されており、メゾネットタイプのお部屋もあります。

寮ではなく、まるでデザイナーズマンションで生活しているかのような雰囲気です。

寮母が365日生活・健康面を徹底サポート

中野ヴィレッジには、寮母が常駐しており、365日24時間サポート

お母さん的な存在として、寮生の相談に乗ってあげたり、日々の異変も気づいてくれる心強い存在です。

医学部予備校の寮としては珍しく宅配ボックスも完備していますが、寮母が代わりに受け取ってくれることも多いので、買い物や届け物も安心して依頼することができます。

オン・オフの切り替えには丁度いい距離

中野ヴィレッジは中野駅にあり、校舎がある御茶ノ水駅までは電車で1本の距離。

医学部予備校の場合は徒歩圏内のケースが多いですが、電車で15分なのでそこまで負担になりません。

むしろ、電車を利用することでオン・オフの切り替えが容易となり、貴重な気分転換の時間として活用できます

また、医学部予備校の近くだと、他の生徒が集まるなど溜まり場となるリスクも

適度な距離がある中野ヴィレッジは毎日の通学も負担にならない丁度いい距離感だと言えるでしょう。

寮内に自習室完備!休日や朝晩もいつでも学習可能

医学部予備校の寮の中でも珍しいのが、中野ヴィレッジ内に自習室があること。

自室にも机はありますが、なかなか勉強に集中できないという人も多いですよね。

医学部予備校の自習室を利用して勉強することになりますが、女性なんかはなるべく早く帰宅したほうが安全だし、日曜日の授業がない日に医学部予備校まで通って勉強するのが大変なこともあります。

自習室があれば、早朝や早く帰宅した日でも夜遅くまで勉強することが可能で、休日にわざわざ医学部予備校まで通学する必要もありません。

>>野田クルゼの詳細はこちら

医学部予備校を寮で比較

寮完備の大手予備校

   
学校名 河合塾
特徴 直営寮を複数設置していますが、人気で満室の寮が多数
授業料 トップレベル国立医大:475,000円 私立大医進:450,000円
   
学校名 駿台予備校
特徴 指定寮を完備しているので、地方から出てくる受験生も安心の生活が送れます
授業料 スーパー国公立医系:841000円 スーパー私立医系:818,000円
   
学校名 代々木ゼミナール
特徴 直営寮を校舎に隣接する形式で設置しているので通学不要で便利です
授業料 スーパーレベル国公立医学:730,000円 ハイレベル私立医学:760,000円

寮完備のおすすめ医学部系専門予備校

     
学校名 野田クルゼ
特徴 医学部予備校では数少ない直営寮完備で、自習室も併設の恵まれた環境が魅力
授業料 総合コース:2,980,000円
校舎 東京
     
学校名 大宰府アカデミー
特徴 全寮制の医学部予備校で集中して勉強できる環境が整っています。
授業料 要確認
校舎 福岡
     
学校名 メデュカパス
特徴 生徒の生活状況をしっかり管理してくれる保護者から人気の学生寮
授業料 本科生:3,600,000円
校舎 東京
     
学校名 東京医進学院
特徴 寮と校舎一体型の最高の学習環境で圧倒的な勉強寮を確保可能
授業料 全寮制コース:5,700,000円~
校舎 東京
     
学校名 ミリカ医専
特徴 リーズナブルな寮費だから経済的負担を抑えながら医学部合格が目指せる
授業料 詳細は公式サイトより直接お問い合わせ下さい
校舎 大阪
     
学校名 大阪医歯学院
特徴 全国から数多くの生徒が集まるため、寮生へのサポート体制も万全
授業料 詳細は公式サイトより直接お問い合わせ下さい
校舎 大阪
     
学校名 進学塾ビッグバン
特徴 提携寮ですが、直営寮さながらの厳格な生活管理で受験生の学習を徹底サポート
授業料 年間:約5,000,000円
校舎 東京、大阪
医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方 All Rights Reserved.