国立・私立に適した予備校選び

医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方

国公立か私立の医学部を目指すかによって予備校の選び方は変わってきます。

医学部大学入試TOP > 国立・私立に適した予備校選び

国立・私立の医学部に適した予備校の選び方

医学部合格に向けた指導を行なっている予備校はたくさんるので、自分の志望大学に沿った予備校選びが必要です。

まず大きく分けて、自分が国公立大学医学部を目指すのか、私立大学医学部を目指すのかによって予備校を選ぶ基準が変わってきます。

国公立大学はなんといってもセンター試験で高得点を取得する必要があるので、センター対策がしっかりしている予備校を選ぶ必要があります

私立大学は、各大学の出題が傾向が明確なので、大学別対策をしっかり行なっている予備校を選ぶと良いでしょう。

大手予備校が適する受験生

大手予備校は、他学部を目指す学生が多く在籍していると同時に国公立大学志望者が多いため、センター対策が充実しています。

国公立大学医学部は、2次試験でも挽回できるチャンスのある大学はありますが、センター試験で高得点を取っている学生ほど合格を勝ち取っている傾向があります

したがって、国公立志望の受験生にとっては、センター対策が充実している大手予備校を選ぶと良いでしょう。

また、河合塾の麹町校や駿台予備校の市谷校舎のように、医学部進学専門の校舎を設けている予備校もあるので、医学部合格に向けて集中して学習に専念できる環境が整っている予備校もあります。

さらに、授業料も医学部予備校に比べて安く受講できるので、経済的負担を懸念している学生にも魅力的です。

医学部専門予備校が適する受験生

医学部専門予備校は、大手に比べると規模が小さくなるため、きめ細かなサポートが期待できます。

少人数制クラスや学習状況の管理など、講師やスタッフと生徒との距離が近いのが特徴です。したがって、自己管理が苦手な受験生は勉強を怠けることなく集中して学習できる環境が整っています

また、私立大学医学部に特化している予備校が多く、各大学の出題傾向や受験情報を詳細に持っています。特に私立大学は大学別の対策をしっかり準備していないと学力はあっても不合格になる学生が多く見受けられます。

したがって、私立大学医学部を志望している受験生は、効率の良い志望校対策ができる医学部専門予備校がおすすめです。

授業料は、300万円から600万円が相場となっていおり経済的負担は大きくなりますが、メルリックスなど月謝制を採用している予備校もあります。

また、授業料が免除になる特待生制度を設置している予備校がたくさんあるので、積極的に挑戦してみてはいかがでしょうか。

医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方 All Rights Reserved.