医学部の推薦入学制度

医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方

多くの医学部で導入している推薦入試は他学部よりも難易度が非常に高い試験です。

医学部大学入試TOP > 医学部の推薦入学制度

医学部の推薦入学制度

医学部では、推薦入学制度を採用している大学が数多くあります。推薦入試は、公募推薦および指定校推薦があります。

公募推薦は、評定平均など応募条件をクリアできる受験生は誰でも応募できる入試です。いっぽう、指定校推薦は大学側が指定した高校のみ応募できる入試となっています。

通常、推薦入試は学校の成績、学校長の推薦書、志望理由書のなどの書類審査と小論文、面接、適性検査などで選考されます。

他学部であれば指定校推薦は合格しやすい入試制度ですが、医学部の指定校推薦の倍率は非常に高く、難易度が高い試験となっています。

また、推薦入試と似たような試験にAO入試があります。AO入試は、国立大学医学部を中心に実施されており、私立大学医学部でも獨協医科大学や金沢医科大学で実施されています。

推薦入試と同様に小論文、面接にウエイトが置かれていますが、国立大学ではセンター試験の成績が必要となる大学が多い傾向にあります。

既卒生も応募可能

推薦入試は、現役生のみ応募可能だと思っている受験生が少なくないですが、既卒生でも1浪または2浪までなら応募可能な大学がたくさんあります。

推薦入試は一般試験の前倒しで実施されるので競争率も高く一般入試よりも難しいと言われていますが、応募条件をクリアしている既卒生は積極的に受験することをおすすめします。

実際、藤田衛生保健衛生大学は多くの既卒生が推薦入試に合格しています。受験機会は多いほうがチャンスは拡がるのでどんどんチャレンジしてください。

ただし、大学によっては専願制を採用している場合もあるので、受験校の推薦入試情報は注意して確認して下さい

合格者の多くは推薦対策講座を受講

推薦入試合格者の多くは、医学部予備校などで開講している推薦対策講座を利用しています。

医学部予備校は、大学別の出題傾向だけでなく詳細の受験情報を集めていますので効率の良い対策を行なうことが可能です。

一般入試とは異なり推薦入試は過去問が公表されていなかったり、採点基準などが明確でなかったりするため、推薦入試を検討している受験生は多くの情報を蓄積している医学部予備校を利用すると良いでしょう。

たとえば、メルリックスは推薦入試合格者数6年連続日本一の実績を誇っています。メルリックスでは推薦入試に関する情報を大学から直接入手しているので、本番に直結する対策が期待できます。

医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方 All Rights Reserved.