医学部入学から大学卒業まで何年かかる?

医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方

医師になるために大学の医学部医学科に入学してから卒業するまでに何年の期間を必要とするのか。

医学部大学入試TOP >  医学部入学から大学卒業まで何年かかる?

医学部入学から大学卒業まで何年かかる?

医学部医学科は6年制ですが、他学部よりも進級が厳しいため何年も卒業に時間を費やす学生もいます。

しかも、医学部医学科は超難関入試であるために合格するために何年も浪人する人も。

そこで、医学部医学科に入学してから卒業までに一体何年くらいかかるのかについて詳しく解説していきます。

医学部受験は何年で合格できる?

医学部は超難関試験であり、偏差値も60以上は最低必要と言われています。

したがって、現役で合格できないケースも珍しくなく、2浪や3浪を経験している人も少なくありません。

しかし、最近の医学部入試の傾向として年齢の若い学生を欲しているのか、一般入試の定員を減らし、推薦の定員を増やしている大学が増えています

推薦入試の場合、受験資格の年齢が制限されており、多くの医学部は1浪までが多いのが特徴。

したがって、今後は浪人を重ねるとそれだけ合格できる可能性も低くなってくることが予想されます。

年齢別合格者割合(2018年度実施分)

こちら文部科学省が平成30年度に実施した緊急調査の結果速報のデータを基に当サイトで編集したものです。

合格者数を見ても分かるように、現役生および1浪生の合格者数が圧倒的に多く、過半数を超えています。

2浪すると合格者数の割合は2割程度となっており、やはり1浪までで合格できるかがカギとなりそうです。

合格者数 割合
18歳以下 4898 36.5%
19歳 4823 36.0%
20歳以上 3688 27.5%
合計 13409 100.0%

医学部に入学したら何年で卒業できる?

医学部医学科は、人の命を預かる医者を育てるという責任重大な学科です。

しかも、医学部に卒業しても医師国家試験に合格できなければ医師免許が得られす、医師として活躍することはできません。

医師国家試験の合格率は大学の評価にもつながることになるため、厳しい進級体制を取っている医学部も多いことで有名

したがって、必須科目を1つでも落としたら留年ということも珍しくないのです。

通常であれば、医学部は6年で卒業できますが、学生の中には何年もかかって卒業する人もいます。

また、卒業できればいいですが、進級できずに退学や放校など医師としてのキャリアが途絶えてしまう場合も

何年も必至に勉強して医学部に入学したのに、医師になることができないのは非常に勿体ないので、入学後も気を緩めずに勉強に集中することが重要となります。

私立大学医学部は6年ストレート卒業率が低い大学が多い

留年する学生が他学部に比べて多い医学部ですが、特に私立大学医学部は要注意。

というのも、先ほど述べたように医師国家試験に合格率は大学の評価に直結するくらい重要となります。

したがって、難易度の下がる私立大学医学部では高い国家試験合格率を維持するために、試験に合格できなさそうな学生は前もって留年させてしまうケースが多く見受けられます。

医師国家試験に合格率を見れば分かるように、東大が国家試験合格率1位ではありません

逆に偏差値は東大に大きく劣るにもかかわらず、国家試験合格率で上位に位置する医学部も沢山あります。

この場合は、進級判定が厳しくないか疑ったほうが良いでしょう。

ちなみに、下記私立大学医学部は6年ストレート卒業率が大きく下がっている大学です(2020年度)。

私立大学医学部の6年ストレート卒業の平均が81.1%なので、ちゃんと勉強しないと卒業まで何年もかかってしまう可能性があります。

大学名 ストレート卒業率 国家試験合格率
杏林大学 68.40% 94.10%
帝京大学 65.00% 79.40%
日本大学 68.50% 97.00%
川崎医科大学 65.80% 96.60%
【参考】東京大学 92.00% 91.30%

医師として臨床を行うまでの道のり

医師国家試験

医学部の卒業試験に合格した後、まず2月に実施される医師国家試験を受験します。

大学の卒業試験に合格できる知識があれば医師国家試験に合格することはほぼ可能で、合格率も9割程度と高め。

それでも、合格率100%の医学部は非常に少ないので、毎年数名は不合格になってしまいます。

仮に医師国家試験に合格できなかった場合は、次の初期臨床研修に参加できないので注意が必要です。

また、不合格だった場合は予備校に通って翌年度の試験に臨む人がほとんどで、中には何年もかかって国家試験に合格する人もいます。

初期臨床研修

2004年からスタートした新医師臨床研修制度によって、初期臨床研修の参加が義務化され、修了しないと保険診療ができません。

初期臨床研修は何年かかるかというと2年。

研修では、内科、救急、外科、産婦人科、小児科、精神科、地域医療の7つの必須科目と、選択科目を2年かけて経験を積んでいきます。

後期臨床研修(任意)

初期臨床研修を修了すれば保険診療ができるため、医師として医療に従事することが可能ですが、多くの医師は後期臨床研修に参加して更に専門性や高度な臨床スキルを磨いていきます。

研修期間は3年から4年間で、専門医や認定医を取得を目指す(専攻医)ことになります。

また、専門医資格を取得した後は、さらに専門分野の領域を学ぶサブスペシャルティ専門医を目指すのが一般的な医師としてのキャリアの流れとなります。

まとめ

以上のように、医学部合格から卒業、そして医師として一人前になるには何年もの期間を要してしまいます。

医学部に入学したらほとんどの期間は留年しなければ医師としてのキャリア形成期間は決まってくるので、まずは医学部合格を1年でも早めることが重要です。

何年もかけて医学部合格を目指していては同年代に遅れを取ってしまうので、まずはスタートラインとなる医学部入学を最優先に日々の勉強に力をいれることが大切となります。

医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部大学入試偏差値ランキング※志望校の適切な選び方 All Rights Reserved.